sain_header.jpg
     
今回の実験「あたらしいロゴをかおもじサインにしてみました」

最近の予想

絵本がこどもの知育にいい、
というのは、なにもここ数十年から
始まったことではなくて、
200年以上昔から、
単に面白いとか、怖いとか、
お説教とか、だけでなく
こどもが大人になるための
勉強として存在していた歴史が
あったらしい。
 
かつて子供時代は、半人前の時代だと、
あるいは子供を大人予備軍と
捉える時代があった。らしい。
 
イザベラ・バードが書いた
江戸の名残が濃い明治初期の
日本の子供の様子を読んでも、
早い段階から子供は大人と同じような
精神を持っていたような感じがある。
 
広い意味での教育が、
「大人になるための意味」を
持っていた。
 
*
 
ちょっと前(70年代くらい?)から、
そうではなく、子供は、子供にしか
持てない感性や、アイデアがあって
もっと尊重するべし、
理屈や論理だけが感性ではない、
という風潮になっていたが、
最近また変わって来たような気もする。
 
要するに、再び理屈や論理が
頭をもたげてきたような気がする。
 
とにかく、何がなんだか、
よくわからない、漠然とした不安。
 
一人ひとりに考えを求められる
時代の雰囲気になってきたが、
だからこそ、ぱっぱらぱーで
油断しきった自分自身が
信じられなくなる。
 
本当に自分はこれでいいのか?
確かなものはいったいなんだ?
という、答えなどありっこないものへ
答えを探す迷宮に入ってしまう。
 
そこへ、「君たちはどう生きるか」を
読んでみたくなったり、
年明けのCMで
「いいじゃないですか〜」が
流れたりして。
 
言葉や意味ではないものを、
なーんか、信じがたい。
言葉にならないと、
あるような気がしない。
うまく説明できないけど、
そんな感じ。
 
*
 
だからこそ、
これには
「こんな効果がある」
「こんな意味がある」
という存在に、魅力を感じるのでは。
 
そこで、ことばサーカスとか、
こんな顔してあいうえおは
一見ファンタジーや、
空想の遊びに見えて、
「言葉の性質を体験する側面」も
持たせる方へ舵をとることになった。
 
つまり、ことばあそびが、
現実の日常生活まで落とし込んでも
再現可能な遊びになっているということ。
 
で、あってほしいというつもり。
 
もっと簡単に言うと、
実用性があるものとして
展開したい。
 
それが、なるべく表面的で、
伝統を騙った類似品にならぬよう、
ことばがもっている、未開発な性質に
着目したいと思う。
 
そういう意味では
もうちょっと言葉について
疑問に思う興味がある。
 

 
スーパーでキャベツを買うとき、
どれも同じ値段だけど、
ちょっと黒ずんだものがあれば、
丸っこいもの、ちょっと縦長なもの、
微妙な大きさの違いもある。
 
いや、どれも同じ値段だからこそ、
このキャベツではなく、より形のいい
そのキャベツにしたい、と思う。
 
しかし言葉にすれば「キャベツ」として、
全く同じものとしてくくられる。
でも、実際のものは、一つ一つ違う。
 
文字も一緒。
手描きの文字、下手な文字
上手な文字、
いろんなフォントの文字が
あるのに、
全部おなじ字として読み取っている。
 
ことばにすることは全部、
同じ物になるようにむかってる。
 
‥というような、
ことばの持ってる「同じ性」について。
 
他にも
ひらがなが記号、漢字が具象
についてなど、
最近の興味を次回以降に書く予定。

«

サイト管理