ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

全ての投稿

絵本が2冊できました。

全ての投稿

最近、絵本が二つできました。 一つはエイスクールという探求型塾の授業の一環で、当時中一の生徒が作った絵本を、絵本作家と一緒に形にしようというプロジェクト。 絵本というとまっ…

ぜんぶ読む

新似顔絵案

全ての投稿

インスタで描いている似顔絵のモデルさんを7月末に募集を再開しようと思っています。 現状の依頼が終わり次第の8月中旬くらいから描き始める、という予定です。 * 次回から、2種…

ぜんぶ読む

倍速モードの利点

全ての投稿

時間の進みが早い! 子どもの頃は、早くこの日にならないかなー、とか、嫌な事があったときは、早く終わらないかなーとか、なかなか時間が進まないことにやきもきすることもあった。 …

ぜんぶ読む

設計図としての気持ち

全ての投稿

寝苦しそうにしている人がいる時、手をさすさすしてあげると眉間のしわがほぐれて、ふたたびすーすー、寝息をたてはじめる、なんていうことがあります。 ぼくはその時、んー、これはど…

ぜんぶ読む

空気には色がある

全ての投稿

豊島(てしま)って知ってますか? 瀬戸内の直島と、小豆島の間にある島で、たったいまGoogleマップで見て、ぼくも知りました。 ひさしぶりに写真集というものを買ったのですが…

ぜんぶ読む

こんとんを好む

全ての投稿

2019年に出た絵本で「こんとん」(偕成社)というのがあります。 夢枕獏が作で、松本大洋が絵。 Radiotalkでライブ配信しているときにリスナーの方に教えて頂いて、読ん…

ぜんぶ読む

役割に執着しない面白さ

全ての投稿

たまに、昔考えたアイディアがとある拍子に思い出されることがあります。 * そんなとき、この作文は便利で、サイトの右下の検索機能で3文字以上打ち込めば該当記事が出てくるのです…

ぜんぶ読む

しびれる思考

全ての投稿

本棚の前にたって、ぼーっと眺めるのが好き。 例えば、トイレに十数分入る緊急の予定があるときなどぎりぎりまで本棚の前で心を落ち着かせる。 さあ、どれだ。どれにするんだ。 今回…

ぜんぶ読む

自分の体の中の「自然」

全ての投稿

実家には猫がいて、昔はよく寝ている猫のお腹に顔をうずめていたりした。 耳をあてると小さな鼓動が聞こえる。それで「おまえも生きているんですなあ」と思う。 * いま思うとなかな…

ぜんぶ読む

夜の空気に沈んだら

全ての投稿

「かいじゅうたちのいるところ」を描いたモーリス・センダックが称賛しているオーストリアの作家アーダルベルト・シュティフタ―。 1800年代に生きた人。彼が小説の序章でこんなこ…

ぜんぶ読む

あるのに見てない、ないのに見てる。

全ての投稿

いまやニュースで世界中の様子が伺える。インターネットでも、テレビでも、「つながっている」という感覚が普通だな、と思う。 グーグルマップがあれば世界の町歩きがバーチャルで体験…

ぜんぶ読む

人に心はあるの?

全ての投稿

昨日の呪術廻戦の話の続きです。 原作者の芥見下々という人は、聞くところによると10代のとき2011年に被災された方のようで、きっと生死について、心について自然の大きさについ…

ぜんぶ読む

好きの反対は?

全ての投稿

一口に絵を描く、といってもいろんな段階があって、 試行錯誤しながら、考える、という段階もあれば、 スキャンした絵をPhotoshop上できれいにしたり入稿のためにデータを一…

ぜんぶ読む

似顔絵の心得

全ての投稿

ぼくがまだ18歳だったころのこと。 美大の受験のために日々予備校に通っていたんだけれどなかなか上達しなかったんです。 まわりの人からすると、なんで描けないの?と思われていた…

ぜんぶ読む

気持ちが「情報量」だとしたら

全ての投稿

インスタグラムをしていて発見したのは、自分の「返信の語彙力」のなさ。 これには困る。 コメントを頂くと、うれしくて、ついスマホごしに両手を合わせてぐっと目を閉じてしまう。 …

ぜんぶ読む

« »

サイト管理