ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

全ての投稿

実感のわく比較

全ての投稿

よく、 「東京ドーム何個分のおおきさです」 みたいなことって、いまだに比較のするときの慣習になっていますよね。 理由はわかりませんが、数値を聞いても実感できないとき、他のも…

ぜんぶ読む

赤くなる散歩

全ての投稿

昨日、スタインベックの「朝めし」を紹介しました。 著者が何度も思い返してしまうほど楽しさでいっぱいにしてくれる思い出。それを語った短編なのですが、 この短編と書きだしが酷似…

ぜんぶ読む

希望をもって、いいんだった。

全ての投稿

読んだ小説って基本的に読んだ先から忘れてしまうのですが、ときどき、思い出せることがあるんです。 「心地よさ」について考えているとき、頭をよぎったのがスタインベックの「朝めし…

ぜんぶ読む

選択的夫婦別姓の賛成と反対意見まとめ

全ての投稿

朝おきると、ニュースで「選択的夫婦別姓」裁判で却下、というのが目について、Twitterでも、いろんな人がこのニュースをリツイートしていました。 その問題に直面していない自…

ぜんぶ読む

名探偵な接続詞

全ての投稿

プログラミング的思考において、もし自分自身で面白がれることがあるとすれば、どんなことなんだろう? ということについて考えてみようと思います。 * プログラミング的思考は、プ…

ぜんぶ読む

プログラミング必修科目って?

全ての投稿

最近やたらと聞くのが、「プログラミング」と教育。 プログラミングを子供向けに伝えようみたいな意図がどわーっとあふれてきているというかんじ。 あふれてはきているものの、外野で…

ぜんぶ読む

空気の本より、風の本が多いわけ

全ての投稿

空気について、いろいろと調べていると圧倒的に「風」を主題として本が多いことが分かります。 「空気」を主題としているものは、科学の本という体裁をしたものがほとんど。(まどみち…

ぜんぶ読む

魔法寄りの現実

全ての投稿

夢で、家の近所にものすごく高い建造物がそびえた景色を見ることが、たまにあります。 まるでイバラードの絵みたいな、ふしぎな塔が、にょきにょきと。 てっぺんの方は青くかすんでい…

ぜんぶ読む

自立心

全ての投稿

以前、インスタの投稿で知った本「地球に生きる」関野吉晴著(毎日新聞社)を読んでみました。 というか、ほとんど写真集なので、眺めてみました。 * アンデス、グァテマラ、アラス…

ぜんぶ読む

魔女と似顔絵

全ての投稿

ジブリ映画の「魔女の宅急便」でキキが魔法の力が出なくなる、というシーンがあって、ときどき、自分もそうかも、と思う時があります。 いわゆる、スランプ的な。 似顔絵を毎日描いて…

ぜんぶ読む

「怠け心が起こったら」

全ての投稿

昨日のつづき。 「ケストナー博士の叙情詩家庭薬局」という本について。 この本には用法があります。 まず序文を読み、次に使用法のページを眺めます。 使用法には、「次の場合に、…

ぜんぶ読む

ことばの薬局

全ての投稿

最近は、どこで本を得るかというと、もっぱら図書館。 よほどの新刊以外は、たいていどの本も蔵書されているので、ほんとうに便利。 そんなわけで、本屋離れしていましたが、数店舗の…

ぜんぶ読む

寄り道でまなぶこと

全ての投稿

歩き回るという趣味があるので、自分の家から直径2~3キロ以内なら、たいてい歩き尽くしています。 こっちに行けば、こういう風景であっちはこうで…と、予想がついて歩く散歩ほど面…

ぜんぶ読む

お腹の中にある自然

全ての投稿

解剖学者、脳生理学者の三木成夫さんが書かれた『海・​呼吸・古代形象』(うぶすな書院)に、植物や動物たちの体には体内時計があると書いていまして。 体内時計というのは、太陽と地…

ぜんぶ読む

パワースポットの本質

全ての投稿

神社にいくと、どこでもたいてい常連っていう雰囲気の人たちがいます。 ぼくなんかは、右の方をみて、左の方をみて、うろうろしているのですが、常連の方は参道をスーッとまっすぐ歩き…

ぜんぶ読む

« »

サイト管理