worksは6/30に更新しました.

夜ねむくなりすぎる君へ

最近の話。

夜ごはんを食べた直後に
眠くて眠くてしかたなくなってしまいます。
まるでしびれ薬でも盛られたかのように
こてんと床に倒れてしまうほど。

意識はあるのに、どうしても動けない。
横になったまま、いまからシャワー浴びて、
歯をみがいて、ストレッチして、
挿絵のための文章をちょっと読みつつ
アイディアを整理して、
好きな本を読んでゆっくりと寝よう…

と理想の予定をイメージするけれど
体の勢力がおそろしく強くて、
意志の力ではどうにもならない。

すべての予定がねむりの圧に
押しつぶされて影も形もなくなり、
ふと気がつくと夜中の2時…。

暑さのせいで体力がなくなって
しまったのかなと思ったのですが、
これ実は、今に始まったことではなく
むかしから夜が苦手で。

あるとき、プロの元ソフトボール選手の方と
お話する機会があって、
運動不足なぼくが、家でもできる
簡単な運動ってありますかねえと聞くと、
「呼吸をすればいいんじゃない?」と。

意外な答えに、
え?呼吸はしているはずですが、
と苦笑いでこたえると、
そうじゃなくて、ちゃんと意識して
深い呼吸をするってことだよ。
と真剣な表情で教えてくれました。

冗談ではなさそうなので、
次の日、積極的に深い呼吸をしながら
一日過ごしてみました。

すると、不思議と夜も起きられたんです。
ま、そういう日もあるよな程度に思って
いたのですが、
呼吸をちゃんとした日は、
ほぼ必ず夜まで体力が保たれるという
事実を確認できて、
呼吸…!すごいなと。

ところが、
呼吸の意識ってなかなか続かなくて。
またすぐに、夜は起きられない日々が
戻ってくるのです。


呼吸って、しゃべったり、
歌ったりするのも呼吸なので、
しゃべりながら(あるいは歌いながら)
作業ができる環境や癖をお持ちの方は
とてもいいらしい。

地引網を引きながら民謡を歌っているのとか、
理にかなっているらしいです。

呼吸のかわりに独り言をいいながら、
歌いながら、をちょっと意識してみようかな。

昨日くらいから、雷が鳴っていますよね。
雷って、ものすごいエネルギーの化学変化で
O2をO3にするんですって。

O3はオゾンのこと。
オゾンはすこしつーんとしたような
さわやかなにおいがする。
嵐の後に空気が磨かれたように
いい空気になるのは、
そのためだそうです。

つまり、雷が鳴るいまが新鮮な空気を
取り入れるチャンス。

呼吸をして濃いO3を体のなかに
とりいれてみよう。

« »

サイト管理