ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

ただそばにいてほしいんです

2週間って、どのくらいの長さだと
感じます?

ぱっと考えると、2週間あれば、
大抵のことはできそうだなと思う。

海外旅行するにも十分だし、
車の免許さえも最短ならとれちゃう、
ちょっと面倒なことでも
なんとかできそうな気がする。
それが2週間。

本を読むことなら、なおさら。
1冊の本を読むのに2週間もいらない、
と思う人も少なくないと思う。

でも、と思う。
ぼくは、図書館が借りた本が全然読めない。
図書館の貸出期間が2週間なんだけど、
いつのまにか返却日が迫ってくると、
背筋が凍る。うそだろ、と。

「まだ読み切れていない」
そんな気分になる。

この間なにをしていたの?
と、問い詰められたら、きっとまごつく。
だって、だって、
自分でもどういうわけか
分からないから。

どうして、こういう不消化な形で
返却日を迎えることになったのか?

ふりかえってみようか。

そもそも、を考えなおしてみよう。

最近ぼくが図書館で借りるのは、
つまみ読み、眺めるための資料として、
なんです。

つまり、端から端まで読もう
と思っているつもりじゃない。

この本のここと、
ここの記事や写真は
参考になりそうだとか、
詩集や、短編、全集などの
ここの部分が気になるなとか、
断片的に必要としている、のです。

だから、その部分が
つまめていれば、それでいいんです。
そういう意味でいえば
一応用を足していることになる。

でも…
と思う。

~ここからは妄想タイム~
仮に、あなたが好意を抱いている人がいて、
その人といっときの時間を過ごすとしますよね。

けれど、時間が来て、
それぞれの帰路に着く。
その道すがら、ちょっと物足りなさを感じる。
あれです。

思いを寄せた時に、そばにいてくれる。
もうちょっとだけ、ここにいてほしい…
本に、そんな気持ちを抱く。

図書館で借りた本が「読めない」という
感覚になるのは、
要するに、もう、会えない、
というさみしさが正体なんじゃないか。

うーむ。
と図書館への裏道を歩きながら
考える。

それゆえに、
また借りにいこう、と思う。

« »

サイト管理