ことばの実験室

絵とことばや写真でできる実験的な試みを、たまに更新しています 。

文字のフォントのおもしろさ、伝わり方について
未就学児の子どもたちへのアプローチとして、作りました。

おなじことばでも、いろんなかたちがあります。
ことばのかたちのことを、「フォント」っていいます。

「フォント」がかわると、どうぶつのこえや、
ようすもかわってしまうんです。

いっしょに、みてみましょう!

「だれのこえ?どんなこえ?」

 

 

おや、なにかがきこえる。

これは、だれのこえ?

 

いぬのこえでした。

 

 

こんどは、

どんないぬのこえ?

 

こんな、いぬでした。

 

 

あ、こんどはちがうこえ。

これは、だれのこえ?

 

 

ぶたのこえでした。

 

 

こんどは、

どんなぶたのこえ?

 

 

こんな、ぶたでした。

 

 

こんどは、すごいぞ。

これは、だれのこえ?

 

 

ライオンでした。

 

 

こんどは、

どんなライオンのこえ?

 

こんな、ライオンでした。

 

 

さいごは、
こんなこえがきこえてきました。

これは、だれのこえ?

 

ねこのこえでした。

 

 

こんどは、

どんなねこのこえ?

 

ばけねこのこえでした。

 

おしまい。

(2019/07)


過去の実験

教育出版「道標」掲載

home

サイト管理