siaranchan_header.png
     
ことばの実験室 更新2019/4/23

全ての投稿

インドアのアウトドア

全ての投稿

小平に「ふるさと村」という 江戸時代中期の旧家などが建っている ちいさな公園がある。   そこだけ時代が違うようで、 朗らかな気分になれるのがいい。  …

ぜんぶ読む

記憶の作業台

全ての投稿

トップイメージをそろそろ更新しようと 思ってずっと前からぼんやりと 頭の中で練っているのだけど、 なかなか着地しない。   すがる気持ちで 「文章を理解するとは」…

ぜんぶ読む

神さま!

全ての投稿

日本のもとシリーズ「神さま」を 本屋でみつけた。   中沢新一という名は 聞き慣れた名前だったので、 立ち読みしたら面白かった。   買ってじっくり読め…

ぜんぶ読む

心を癒す方法

全ての投稿

「人にはそれぞれに 心を癒す方法がある。」   とは映画「アメリ」の中の台詞。 八百屋の主人の父親だったと思う。 昔車掌だった彼は、夜中に起きて ローリエの葉に穴…

ぜんぶ読む

ども人の会話

ことばのミニ実験室 全ての投稿

以前紹介した「こどもバー」。 彼らが集うのは、店の中だけではない。 草むらにあるアリの巣も、彼らにとっては 重要な会議室である。   リクライニングソファにゆった…

ぜんぶ読む

昔ばなし

全ての投稿

お正月に神社に行くと 手をぽんぽん叩いてお辞儀をする。   前に並んでいる老夫婦なんかは、 とても上手にお祈りをする。 上手に、というか、自然に 心を込めて、とい…

ぜんぶ読む

カメレオン語

ことばのミニ実験室 全ての投稿

カメレオン語というものがある。   アクセル・ハッケ作の 「キリンと暮らすクジラと眠る」に そのことが書かれている。   *   かいつまむと…

ぜんぶ読む

博学になるために

全ての投稿

西岡事務局長の週刊「挿絵展」より ふたたび、こんなところが気になった。   1889年に刊行された「あおいろの童話集」 (アンドル・ラング)に挿絵を描いた ヘンリ…

ぜんぶ読む

大人少年

全ての投稿

ジブリ美術館のサイト内にある 週刊「挿絵展」がおもしろい。   昨年の6月から始まった企画展、   「挿絵が僕らにくれたもの」展 〜通俗文化の源流〜 &…

ぜんぶ読む

もう一人のわたし

全ての投稿

自分が二人いたら、と想像してみる。   一緒にどこへいくだろう。 何を話すだろう。 …こう具体的に考えると楽しい。 一人では考えつかないことも なにか形になりそう…

ぜんぶ読む

真夜中の契約

全ての投稿

あまりこういうことは おおっぴらにすることではないけど、 じぶんは精神的な齢が 年少だという気がしている。     といっても「少年のようだ」という 褒…

ぜんぶ読む

モノとしてのことば

ことばのミニ実験室 全ての投稿

最近目にした本に、 おもしろい共通点があった。   ルース・クラウス著の 「I CAN FLY」という絵本と、 ルイス・キャロル著の 「もつれっ話」。 両方とも英…

ぜんぶ読む

周辺のできごと

全ての投稿

そういえば、kitepaperが新しくなりました。 kitepaperというのは、 kiteのメンバーが交代で 本や映画や写真や絵を紹介していく というタンブラーです。 &…

ぜんぶ読む

解消法としてのフィクション

全ての投稿

本屋にいくと、 だいたい絵本のコーナーに 立ち寄ってしまう。   なるべく品揃えの多い大型書店に 行ってゆっくりと本を眺めるのが 最近のブーム。   都…

ぜんぶ読む

世界中が味方

全ての投稿

フランスの映画、 「ロングエンゲージメント」を見てると 主人公のマチルドに たびたび共感をおぼえる。   それは決まって、 お願い事をジンクスに託す、 というシー…

ぜんぶ読む

« »

サイト管理