ことばの実験室 更新2019/7/15

全ての投稿

またの名を迷子の達人

全ての投稿

今日は、散歩の達人として書かせてもらうけれど、散歩の大敵とは「思い込み」である。 まず、散歩とは、ルートの開発といっても過言ではない。 思い込みがある人は、たとえば「あの公…

ぜんぶ読む

好きなものの中の好きじゃないこと

全ての投稿

本当はこわいグリム童話。っていうのがありますよね。 もともとは、ぐさっとやられて、絶命するようなシーンでも、現代では何とか逃げおおせた、と言い換えられていたり、 「赤ずきん…

ぜんぶ読む

パジャマを着たら、どこいこう

全ての投稿

絵本を作るというのは、一見自由なことのように思えてそうでもない。 たとえるなら、自分の部屋でひとり言いたいことを言う分にはなにをいってもかまわないけど、 子どもたちや、親御…

ぜんぶ読む

実学ってなんだ

全ての投稿

詩人の荒川洋二のエッセイ「忘れられる過去」(みすず書房)の142ページに、「文学は実学である」というタイトルがある。 その影響なのか、本が出てしばらくして電車の中で大学の広…

ぜんぶ読む

絵本芋づる話

全ての投稿

ある方から「おかべりか」という絵本作家を教えてもらった。 ぼくが「こんなかおしてあいうえお」の下絵で描いていた子どもの顔が「おかべりか」さんと似ている、というので、うれしく…

ぜんぶ読む

相手を読む方法

ことばのミニ実験室 全ての投稿

よく「自分のことばを大切にせよ」と言われる。それって「人に自分を伝えよう」という文脈で言われたりする。 でもね、ぼくは「自分のことば」=「腑に落ちる」と思っている。 結果人…

ぜんぶ読む

趣味は移動

全ての投稿

ぼくの趣味は、目的と手段を逆にすること。 本来の目的をサブに、手段をメインにするっていうこと。 * たとえば、移動のとき。 目的は画材屋に行くこと。手段は、自転車で移動。 …

ぜんぶ読む

ことばのミニ実験室

全ての投稿

ことばの実験室というページがあるんだけど、これがなかなか更新ができない。 一度見たことがある人でも、あれ、去年から全く変わっていない。と思うかもしれない。 ほんとに最近、年…

ぜんぶ読む

蛭子能収

全ての投稿

ぼくはどういうわけか、昔からクラシック音楽が好きで、小学校の頃はブラームスや、ヴィヴァルディを聞いていた。超ど定番だけど。 学校の帰り道に、一人で頭の中でオリジナルの曲をオ…

ぜんぶ読む

普通じゃないあなたへ

全ての投稿

発達支援を行っている施設で、たまにワークショップのクラスをさせて頂く事があるんだけど、毎回、その時の子どもたちの様子が印象にのこる。 彼ら、彼女らは、非常に高い才能があり、…

ぜんぶ読む

天使的な発想とは…

全ての投稿

こないだ、発達支援の先生のお話を聞いていて、これは!と膝を打つような話を教えてもらった。 * 「手をたたく」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべる? パチパチパチ、と拍手す…

ぜんぶ読む

そら耳が運命を変える

ことばのミニ実験室 全ての投稿

期待するようにとらえちゃう。っていう性質が人にはあるようです。 この下の動画を、(※かならずイヤホンを)まずは、画面を見ずに、音だけで聞いてみてください。 音だけで聞くと、…

ぜんぶ読む

完璧なテレパシー

全ての投稿

…があったら、どうしよう。と思うことがたまにある。 自分の思ったこと、よぎった考えが全部、筒抜けだったら…。 * どういうわけか知らないけど、思ってもみないことをふと、思っ…

ぜんぶ読む

積極的な迷子

全ての投稿

大人の遊び、というとどんなことを思い浮かべるんだろう? 大人のみなさんは「遊びに行く」というと、どこへいくんだろう。 旅行か、買い物か、遊園地か、パーティ的な何か…わからな…

ぜんぶ読む

感じちゃう無意味

ことばのミニ実験室 全ての投稿

・ ・ ・ ↑こういうふうに、・(点)を3つ打つと、人の顔に見える。 いや、人の顔以外でも、その人が何かに「そう」見えたら、「そう」見える。 木目や、壁紙のランダムな模様に…

ぜんぶ読む

« »

サイト管理