ことばの実験室 更新2019/7/15

全ての投稿

名前をつける理由

ことばのミニ実験室 全ての投稿

中学高校と、陸上部だった頃、ほとんど毎日走っていた。 よく言われているのは、1日走るのをさぼると、体を取り戻すのに3日はかかるといういこと。 もしそうなら、全然走っていない…

ぜんぶ読む

全ての投稿

夢をよくみます。 といっても覚えていないことが多いんだけれど。 たまに、やたらしっかりと覚えていることがあって、最近も、2、3日経ってもまだ覚えているので、ちょっと書きとめ…

ぜんぶ読む

はい、わらわせてー

全ての投稿

電車に乗っていると、たまにスマホを片手にひとりでにやけている人をみる。 ぼくはそんな人に、寛容である。なぜなら、自分も同じ体験をしているから。 理由はくだらない。ふと、つま…

ぜんぶ読む

「同じ」であると困ること

全ての投稿

「同じ」と「違う」について、なんだか気になる。 たとえば、「コップがほしい」と思い立つとする。 ようし、とやる気がわいて電車に乗って買い物に出る。 そのとき、頭の中にある「…

ぜんぶ読む

「移動手段」比較してみた

全ての投稿

電車、バス、車、自転車、歩き、それぞれの移動手段には、それぞれの景色の感じ方がある。 比較してみよう。あなたは、どれが一番好き? * 【電車】…車窓から見えるのは、住宅、ビ…

ぜんぶ読む

同じ?違う?

全ての投稿

電車に乗っていると、いろんな人がいる。 その人たちを見ていると、おもしろいなあと思う。 外見を見ると、この人はこんな感じの人なんだろうなと想像がつく。 実際は分からないけど…

ぜんぶ読む

味わってみたい感覚

全ての投稿

予備校に通っている時、デッサンの授業があった。 そこで分かったのは、自分は、形を正確にとらえるのが下手なんだ。ということ。 特に石膏像は、苦手だった。周りの人たちがおそろし…

ぜんぶ読む

堀田善衛と宮崎駿

全ての投稿

堀田善衛という名前だけは聞いたことがあるけど、本を読んだことがない。 そこで、「堀田善衛を読む世界を知りぬくための羅針盤」(集英社新書)という初心者にはちょうど良さそうな本…

ぜんぶ読む

迷子日記

全ての投稿

旅行に行って、一番わくわくするのは、目的地のない散歩。 なんの変哲もなさそうな住宅地とか畑とか、線路沿いの道とか、大きな通りから逸れて、その土地の人たちの生活環に紛れ込むこ…

ぜんぶ読む

心を開くって…?

全ての投稿

昨日の続きで「チャボとけやきと泰山木」。具体的には、こんな詩が掲載されています。 「いえで」 (小2女子)いえでは 四回ぐらいしたことがありますでも すぐうちの人がきますお…

ぜんぶ読む

詩を書きましょう

全ての投稿

「チャボとけやきと泰山木」 (けやき出版)(田中恭子著)という本と出会った。 なにかというと、児童詩の本。もっとかみ砕くと、小学生が書いた詩を集めた本。 もともと、著者の師…

ぜんぶ読む

おばけはいました

全ての投稿

インドの神経科学者、ラマチャンドランという人が書いた「脳のなかの幽霊」(角川文庫)をご存知だろうか。 といって、自分もこないだ手に入れたばかりなんだけど、本って読み始めが一…

ぜんぶ読む

資源はお金で測っている

全ての投稿

歯を磨いている間、水道をジャーっと流しっぱなしにすることがあるんだけど、 そうしていると、高校の修学旅行の思い出がふとよみがえる。 * 沖縄旅行。おもしろかったのが、ホテル…

ぜんぶ読む

おいしい読み応え

全ての投稿

おかべりか「よい子への道」シリーズが、おもしろくて、「おだんごちゃん」「トイレのてんしちゃん」「おばけやさん」シリーズなどを見てみた。 今まで分からなかった佐藤雅彦氏の言う…

ぜんぶ読む

幸せな生活について

全ての投稿

ほとんど、毎日自炊する。 しかし、作文は、たまに。おや、と思った。 どうして、料理は毎日作るのに、作文は「たまに」で済ませてしまうのだろう。 最近作文をできるだけ日々書くよ…

ぜんぶ読む

« »

サイト管理