sain_header.jpg
     
今回の実験「あたらしいロゴをかおもじサインにしてみました」

全ての投稿

左手の気持ち

全ての投稿

徐々に寒さが和らいできて、 「ようやくだあ」という嬉しい気持ちと、 短い春がもう始まってしまうー、 という焦れる気持ちが まざりあって、やってくる。   それにし…

ぜんぶ読む

現実のなかのパズル

全ての投稿

都心を歩くと、さまざまな困難が ぼくを立ち阻む。   いろいろな問題をあげてみよう。   できれば図を用いたいのだけど 文章だけで、頑張ってみよう。 &…

ぜんぶ読む

「もじ」から「ことば」にうつる子へ

全ての投稿

なんか最近、辞書が新しく改訂された っていうニュースを見た。   しかも、この改訂された箇所に誤りが あったりなどで、 少し前に話題になっていた。   …

ぜんぶ読む

あれ、それ、これ

全ての投稿

ドラマや映画をみて感動するのは、 大人の方が多い。 のではないかと思う。   たとえば、こんな映画の中で 「少年が先生と握手する」という シーンがあったとして、 …

ぜんぶ読む

おみくじ番付

全ての投稿

数人で初詣に行ったとき、 おみくじをひいた。   おみくじに限らず、占いをする時には コツがある。   それは前準備をしておくこと。 自分なりの予想をた…

ぜんぶ読む

開示しない話題について

全ての投稿

誰にも話したことがないことって けっこうある。   たとえば、 トイレでのお尻の拭き方。 手を差し伸べるのは、 前から、後ろから? そして、どのくらいの トレイレ…

ぜんぶ読む

500回目

全ての投稿

なんと、この作文で 500回目の更新。   次は1000回目を目指して、 なるべく多く書いていきたい。   *   始めてから5年くらいは 経…

ぜんぶ読む

ことばけ

全ての投稿

大人になるにつれて、 音とイメージは、共通認識になってくる。   たとえば、「バスタオル」と聞けば、 お風呂上りに使う用の おおきいタオルを思い浮かべる。 &nb…

ぜんぶ読む

語彙なき宿命

全ての投稿

枕草子を読むと、 現代でも共感できる出来事とともに 当時ならではの風習もよみとれる。   その一つに女子のたしなみについて、 書かれているところがある。 &nbs…

ぜんぶ読む

無いことにしている時間

全ての投稿

手当たり次第、本を読む、 ということはなくて、ぼくの場合、 興味があった分だけ本を読む。   だから、今まさに読んでいる本は、 自分のなかの興味の最先端。 という…

ぜんぶ読む

ばかに憧れ

全ての投稿

テレビを見ていたりすると、 つい一人でテレビと会話してしまう。   「そんな、ばかな。」 「ばかなことばっかり 言ってるんじゃないよ」 などと。   よ…

ぜんぶ読む

寝てしまえば

全ての投稿

なにかと気にするタイプである。   たとえば電車で席に座るときに 荷物が多い場合。   それに空いている座席が狭い、 というとき。   リュッ…

ぜんぶ読む

ホッとするタイプ

全ての投稿

コップを洗って拭くまえに 逆さにして机に置いておく。   これでは、いくら下に布を 敷いていても、水滴は乾かない。   –   金…

ぜんぶ読む

脱無感動人間をめざして

全ての投稿

誰が言っていたか、 本に書いてあったか忘れたけど、 こんなセリフを覚えている。   「ぼくらが赤ちゃんとして 生まれてきたとき。 それをたとえるなら サッカー日本…

ぜんぶ読む

詩になるクイズ

全ての投稿

俳句には「とりあわせ」という 考え方がある。 ある単語(季語)に、もうひとつ、 一見関係のなさそうな言葉を組み合わせて 俳句にする、という手法。   たとえば 「…

ぜんぶ読む

« »

1 / 34123456...102030...尻 »
サイト管理