ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

魔術としてのだじゃれ

日本には、
庭にどんな木を植えるかで、
吉兆を図る。
という伝承があるようです。

今では迷信だと言われますが、
かつては本当に信じられていたようで、
迷信じゃなくて、
俗信として研究もされているくらい。

魔除けの民俗学」(家・道具・災害の俗信)
常光徹(角川選書)
という本をぱらぱらっと読んで、
その一節が面白かったので、参照してみます。

(面白いと思ったところだけ
ピックアップしてますので、
細かい発祥、年代等を知りたい方は、
ぜひ本を読んでみてください。)

まずは、南天の木。

植えると「災難を逃れる」といいます。
難を転ずる「難転」という音が
南天と音が同じだから、らしいです。

え…音か!と思う。
以下は、ぼくの妄想なのですが…
現代の研究で見直してみると、
実は南天には、
人の気分をリラックスさせる物質が
匂いとして放出され、
人の危機感を和らげてくれる…

みたいな科学的な根拠があるのかな
と期待していたのですが、
根拠は音が同じということでした。

つづいて、
梨の木を、鬼門と呼ばれる方角に
植えると良いという。

察しのいい方なら、すでにお分かりかと
思うのですが、
梨が無しという音と同じなので、
鬼門からやってくる災厄をなしにする
ということらしいです。

ほかにも、
庭だけじゃなく、商業学校の敷地に
花梨と樫の木をセットにして植えると、
よいのだそうな。

だんだん、なぞかけみたいになってきますが、
これ、わかりますか?

花梨「かりん」「借りん」
つまり、借りない、と。

樫「かし」「貸し」
これは、貸す、という音。

これを商業学校で学ぶ「お金の動き」に
あてはめて考えてみると、
外に貸しあり、内に借りなし
ということらしい。…おもしろい。

とはいっても、俗信って、
こういうダジャレだけじゃなくて、
「琵琶の木は棺に使われるので、
植えると死人がでる」とか、
「銀杏の木は、神社仏閣に植える
敷居の高い木なので、
家の庭に植えると、財産が減る」…
といったように、
「音の語呂合わせ」じゃない俗信も、
もちろんたくさんあるようです。

が、ぼくとしては、
同音の魔力のほうに魅力を感じます。

いまでも、音で縁担ぎってしてる。
勝つぞ!という気合を入れるために、
かつ丼を食べたり、
試験の前に、なにかモノを「落とす」
ことに神経質になったり…

そうか、探してみると、
結構あるのかもしれないな、と思う。

でも、いまよりも、江戸時代の方が
さかんだったのには、理由があって。

江戸時代では、
(識字率は、世界的に見ても、
低い方ではなかったようですが)
漢字が理解できないという人は多いらしく、
また伝承そのものが、声と耳で
受け継がれていくために
ことばを音でとらえることが一般的だった、
ということがあるようです。

であれば、音が根拠として
俗信が生まれていた、という体感は、
かなり「本気」で信じられていたのかも、と
ちょっとは想像がつくような気がします。

先日書いた、
100m10秒台の壁理論でいうと
無意識の気分や風潮が、
現実の自分を作る、ということを
改めて考えてみると、

本気で「そうだ」と信じればこそ、
無意識の思い込みが現実に反映される
と思っても不思議じゃない。

本気で信じればこそ、
そこには効果がうまれる。

これが、俗信や伝承の科学的な根拠だと
言っても、過言ではないのかもな…

« »

サイト管理