ことばの実験室 更新2019/7/15

絵本芋づる話

ある方から「おかべりか」という
絵本作家を教えてもらった。

ぼくが「こんなかおしてあいうえお」
の下絵で描いていた子どもの顔が
「おかべりか」さんと似ている、
というので、うれしくなって、

どれどれ、と図書館に赴いて
探してみると、
よい子への道」という本をみつけた。
(バーニンガムの「ねえ、どれがいい?
みたいでおもしろい!!)

肩書は漫画家らしく、
ペンで描いた線に、水彩で
塗り絵をしていくタイプの絵。

表情もオーバーなくらい豊かで、
マンガっぽい。

技法も、表情の方向性も
「こんなかお~」で描こうとしている
自分の絵のタイプと近しい。

これは参考になるぞ!
ともっとうれしくなって、
トイレのてんしちゃん」もみつけて、
わーい、と思って帰路についた。

「トイレのてんしちゃん」の絵は
さっきのおかべりかさんなんだけど、
作が「苅田澄子」。

どこかでみたことあるなあ、
と思ってうちの本棚を見渡すと、
「あ、これだこれだ」

じごくのラーメンや」。
こちらも絵の西村繁男が好きで
持っていたんだけど、絵もさりながら、
お話も好きだった。

さらに、なんか面白いなと
思っていた
だいぶつさまのうんどうかい
なっとうゆうれい
ゆでたまごひめ
これらも 苅田澄子 。

点が線になるとは、
まさにこのことだ、と一人で嬉しくなり、
著者紹介を見ると
「小沢正に師事」と書いてある。

あれ、だれだっけ?
名前みたことあるな、と思って
調べると、

もってた、もってた
まほうのかさ」がそうか。

これも、絵のはたこうしろうさんが
好きでもっていた。

ぼくって絵本は基本的に
絵を描く人を中心にみていたので、
著者に気が付かなかった。

絵本は海外の絵本しか、
つまり、絵しか興味をもって
みていなかったんだけど、

最近は、どうやって子どもや親に
伝わるか、という
技巧的(表面的)な意味で
参考にすることが多いので、
今までとは違った絵本に出会う。

こうやって芋づる式に広がると、
うれしい。

« »

サイト管理