docchigagigugego.jpg
Clickで詳細ページへ。

深夜HP

家のポストを見る癖がある。
朝起きたとき、
家を出るとき、
帰ってくるとき、あと寝る前にも。
これは悪い癖だなと思う。
 
大体、寝る前の時間になんて
なにも届くはずがないのに
表に出てつい覗いてしまう。
 
メールも同じで、
誰からも来る予定がない時でも、
一日に何度もメールチェックをしてしまう。
「メールチェック」という響きが格好良い。
からかもしれない。
 

 
ただ、その回数にも限度があって、
一日に10回くらいまでなら必要に
応じているという感があって、
格好良さは保たれるけれど、
40回を越えてくると、だんだん
自分に卑しさを感じてくる。
 
あの、なんていうか、
自動販売機の釣り銭口をさぐる行為と
同レベルではないだろうか、
と気がついて、ぞっとする。
 
ツイッターやフェイスブックも同じ。
上手な利用者というのは
見る頻度を適度にコントロール出来ていて、
スマートな感じがする。
 
けれど煩悩のかたまりである私は
(自分でこんなこと言っていいのだろうか)
フェイスブックの「いいね」や
「コメント」の魔力に
やはり囚われてしまって、
いっとき夢中になるのだけど、
自分が、全然好きじゃない自分に
なってしまうし、中毒症状が
出始めていたので止めてしまった。
 
使い方が下手だったなあ、と思う。
 
上手に使いこなす人のページは
見ていて面白い。
へえ、こんなことやってるんだ、
こんな面白いものを見つけたのか。
と気持ちよく読める。
楽しくなる。
 
ああいう素敵なことを
自分もやれたらと憧れてしまいます。
 
自分がもっと清らかな心を
持ってさえいたら!と口惜しくなる。
 

 
その点、このHPは誰からも
コメントできない設定だし、
誰がどのくらい見ているかも分からない。
 
もしかしたら誰も読んでいない、
という可能性もある。(どきどき)
 
とにかく他人に気を配ったり、
一喜一憂するような要素もない。
これが自分にはいいのだなあ、と思う。
 
つまり、人の目を気にせず、
言いたいことをなんでも言ってしまえー、
という無法地帯であるのがいい。
 
こう、なんていうか
土曜の深夜ラジオみたいな危ない感じに
なればいいな。
 
わくわく。
 

« »

サイト管理