docchigagigugego.jpg
Clickで詳細ページへ。

天変地異

The Tokyo Art Book Fair 2012に
kiteが出店した様子をまとめました。
こちらのページです。
雰囲気だけでも伝わればと思います。
 

 
それから、今回は販売だけでしたが、
ほかにも展示作品を作っております。
 
一部ではありますが、
「大体の内容はつかめるのでは」という
映像があります。
ぜひこちらからご覧ください。
 

 
ブックフェアではいろんなことが
ありました。
そのなかでもショッキングな出来事が。
 
それはデザイナーのinoueyokoさんの
zine(下写真)を見たこと。
 

 
箱はボール紙で既製品のようだし、
紙もコピー用紙に似た雰囲気、
印刷も、どこかもやもやしている。
 
本文にしても「綴じて」あるわけでなく
ペラの紙が何枚か重なってる、
という具合。
 
被写体もどこにでもありそうな素材が
使われているし、
文字もPCで編集をしないで
紙切れに印字したものを写真の一部としている。
 
こう書くと粗雑に思うかもしれないけど、
全然そんな雰囲気がない。
むしろ冴え渡っている。
 
加工も着色もしていない、
素のままの素材感。
だからこそ素材と素材の組み合わせが
的確にあらわれているように感じる。
グッと、こみあげてくる。
 
アイスの棒も、木のフォークも
素っ気ないリボンも、普段から自分たちが
「どうでもよいもの」のひとつとして
見逃している部分だと思った。
 

 
ぼくらは見栄えを気にして
質の良さそうなものをついつい選んでいた。
それを「こだわり」だと思っていた。
 
完成度を上げようとするばかり、
どこか媚びているようにのっぺりとして、
的確な効果として活きてこない。
 
肝心な内容も疎かになってしまう。
 
本当に大切にしてやるべきことは
なんだろうな、と
天地がひっくり返った気もちです。
 

« »

サイト管理