siaranchan_header.png
     
ことばの実験室「しらんちゃんのかんちがいそうだんしつ」更新2018/12/27

夢まとめ

黒沢明の「」を
小学校の頃に野外上映会で
初めてみたときに、すてきだ!
と思った記憶がある。

夢の世界というのは
ナンセンスと言われたり、
一方で、隠されたメッセージとか
言われたりするけど、
どちらを抜きにしても、
とにかく居心地がいいのです。

景色が面白い、状況が変で
心がはずむ。

そこで、最近見た夢を
まとめてみよう。

こんな夢を見た。

信頼のおける職人気質な
タイプの友人と、山道を
ふたりで歩いていた。

ぼくが住んでいる山小屋に
案内するために。

途中、リフトに乗ると
湖の上へ出た。
宙ぶらりんの足の真下には
たっぷりと濃い青緑の水。
ひやひやするね。と話していると、
今度はリフトがどんどん
下がってくる。

ついには足、すね、膝まで
水に浸かる。
あれ、どうしよう、と周りをみると、
向こうのリフトの人も
腰まで水に浸かっていた。

ま、そういう仕様ということで、
と友人を諭し、冷たいような、
くすぐったいような、
でも平気なような、水の感覚を
共有した。

こんな夢を見た。

前後のことは
よく覚えていないけど、
ホテルの一室に入ってカギを
閉めようと思った。

ぼくはごく自然に
そうしたのだけど、
ドアの中央にある真鍮の楕円
(2重構造になっており、
土台の楕円は固定され、
手前の楕円は回転する)
の手前側を90度回転させると
爪みたいなものが、
摩擦を生じさせて固くなる。

ちょうど、
水道の蛇口を締めたような
きゅっという感覚があって、
これでカギが閉まったのだ。
と思った。

こんな夢を見た。

親戚の家に遊びに来た。
おや、聞きなれた声がすると思うと
昨年亡くなった叔父が
テーブルについている。

ああ、と思ってぼくも席についた。
周りは他の親戚たちが騒々しい。
なんということを話すわけでもないが、
なにか、相談事でもしようという
気分になって向かい合っていると、
叔父の奥さんに
「ゆうき、最近ちゃんと集中してる?」
と言われた。

ドキッとして、慌てて、
「い、いやあ、そうなんですよ、
最近どうも集中できなくって。」
と図星を指摘され、ハッとした。

こんな夢を見た。

海外の豪華なホテルの
パーティに出席している。
大物っぽい人が立派な雰囲気のする
香水を匂わせて、
ぼくの心意気を買った、というような
ことを言っていた。

そういうことを言われた人は、
絶対に「先に寝てはいけない」
というしきたりがあるようだ。

なので、会うたびに人から、
お、まだ起きているな?
お前が寝るのは一番最後なんだからな。
と念を押される。なぞである。

間接照明が高級感を
かもしだすトイレで、友人に
「落ち目の企業に買われんだってな。
お前から吸い取られるだけ
吸い取ろうとしているんだぜ」

と話をしていて、トイレを出ると
最初の大物っぽい人と出くわして
気まずい思いをした。

そのうち友人はもう寝るから、と
帰ってしまい、なぜか、自分は
全然眠くはならなかった。

江戸城みたいな大きな建物の中を
散策していて、
帰り際、広い玄関のところに
大泉洋がいた。

本物だ!と思って、
最近の主演映画について話しかけた。
「あれ、まだ見ていないんですけど、
主演してましたよね?」
すると向こうが、
わーっとしゃべってくれた。

「あの映画はね、そもそもを辿ると、
肉〇〇なんだよ」(肝心なところを忘れた)
という。

「肉〇〇って知ってる?」
というので、ぼくはなんとか
記憶を探って、
「あ、あの徳川家の…」というと、
「そうそうそう、でね」と、
話を続けてくる。

最後の夢には、後日談があって、
気になって「徳川家 肉」と検索すると
こんなのが出てきた。


ちょっとこわいな。

« »

サイト管理