ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

健康とは体に趣を感じること

自転車で15分くらいのところに
和田掘公園があって、
そこに流れる善福寺川沿いのベンチに
座って本を読むことがあります。

最近は、蚊が多くなってきたので、
帰ってくるといたるところが
かゆくなるのが困ったところ。

もうひとつ困ったことは、
夕方になると日陰にいても、
すぐに日なたになってしまうこと。

また場所移動しなきゃ、と
点々としてなかなか集中できないことも。

そういうときに、
あ、そうか、地球って回ってるんだった。
と想像して、その壮大さに浸ってみたり。

それから、
太陽からの光を手にあててみて
いまこの手のひらの上にある光は
8分30秒前に太陽の表面にあったもの
なんだなと。

光りたてほやほやの新鮮な太陽の光。

日本では、夏はほとんど真上の位置に
太陽がある。
だから、通ってくるオゾン層の距離も
短くなって、日差しも強い。

そうか、昼夜、季節は、
天体の運行に同期しているんだった。

地球は、太陽との関係で、
刻々とリズムをとって回っていて、
多くの人が、朝に目ざめて
夜には眠くなるように、
また旬の野菜があるように、
動物も衣替えをするように、
生物すべてには、太陽系のリズムを
刻む体内時計(サーカディアンリズム
の中で生きているようです。

これが崩れると、体にもこころ
(体温、血圧、睡眠、ホルモン)にも
影響があるんだって。

良い気分で、健康でいるためには、
サーカディアンリズムを24時間周期に
整えておく必要があるということです。

こう聞くと、ある見方では自由がきかない
規則を破った罪には、不健康という罰を
あたえるというような、
体がルールに縛られている気がしてくる。

そもそも、深海にいる魚が
地上へでると破裂してしまうように、
ぼくたち空気の下で生きるものも、
空気の外にでると死んでしまう。

だんだん、地球という時計と水槽に
閉じ込められている気がしてくる。

季節がくるのも、朝となり夜がくることも
すべてが自分ののぞむようにはいかない。

ずっと春がいいとか。
早く朝になってくれ、とか。

基本的に自然は、
人の思うままにはならないんです。

一方で昨日紹介した
生命科学者の柳澤桂子さんの
「天体の動きと生物」というエッセイでは
「生物がいかに宇宙のリズムに合わせて、
そのふところの中で生きているか
ということがうかがえるであろう」。

と締めくくっています。

心から好きな本の一つに
清少納言の「枕草子」があるのですが、
(ぼくが読んだのは現代語訳版)
思い返せば、
「春は、あけぼの。」
から始まり、結局のところ、
「時節は、正月、三月、四月、五月、
七、八、九月、十一、二月、結局全部、
その時々に応じて、一年中、みな趣がある。」
という。

閉じ込められているという発想じゃなくて、
そのふところに抱かれていること自体が
一番の趣じゃないの、と。

この本のなにがすごいって、
少なくとも1000年前の人から
ずーっと受け継がれてきたってこと。

自然の四季をめでるように、
自分の体の中のリズムにも
趣を感じられるようになること、
これが健康っていうことなのかもしれないな。

« »

サイト管理