ことばの実験室 更新2019/7/15

三方一両損について

数字に騙される、ということは
自分の気が付かないところで
たくさんありそうだ。

次の問題が難なく答えられる人は
安心してもいいかもしれない。

3人がホテルで30ドルの部屋をとった。
3人はそれぞれ、10ドルづつ払った。

しかし、受付係はその部屋が
実は25ドルであったことに気付く。

返金しなくては、と、1ドル札を
5枚用意したが、どのように
3人に分けたらいいかわからず、
1人に1ドルずつ返金し、
残りは寄付に回すことに。

さて、ここからが問題。
宿泊客である3人は、30ドルを払い
3ドルを返金されたので27ドル支払った。
つまり、1人9ドルを払った。

ここに寄付に回した2ドルを加えると、
合計29ドル…。あれ、
1ドルはどこへ消えたのでしょうか?

おわかりだろうか?

答えは「消えていない」。
ホテル代25ドル。
寄付2ドル。
これで3人が支払った27ドルになる。

27ドルの中には、寄付に回した金額が
すでに含まれているはずなので、
本来であれば2ドルを引き算するはずを
なぜかさらに足し算しちゃって、
謎の数字が出てきてしまった。
ということ。

だけど、一見すると分からない。
数字というのは、直感的に受け取ると
間違うことがあるらしい。

ぼくも、答えを見るまで
分からなかった。うーん、詐欺にあっても
わからなそうだ。

ところ変わって、
落語の「三方一両損」を
ご存じだろうか。

江戸時代、大工の落とした財布を
金太郎という男が拾って、届ける。
が、大工はいらない、お前にやる、と。
おれも拾った金はいらないよ、と。
結局、奉行所に。
奉行所の大岡越前は、大工の3両を
没収したうえで、二人に2両ずつを与える。
●大工は3両失い2両もらい1損。
●金太郎は3両もらうところを2両となり1損。
●越前は、3両もらうが4両失い、1損。
これで三人とも1損。めでたしめでたし。
という話。

この話も、最初のクイズみたいに、
どこがおかしいかを探したくなる。

実際「納得がいかん」という人がいる。
この場合は、
「拾った人は、得しかしてない」と。
だから、三方一両損ではないと。
あるいは、
規則もない行き当たりばったりの
判決はひどすぎる、とか。
でも反論をあげたところで無意味なんです。

だって、この話がどこか怪しい、
というのは言うまでもなく、
分かっていることだから。

ここに出てくる登場人物は
江戸っ子の大工職人という、
ひねくれものの、がんこもの。

「一度落とした金には、
二度と敷居を跨がせない」。
「拾った金なんかいらない」
という特殊な人たち。

普通なら、得をしないと、
納得できないけれど、
損をしてこそ、納得するという
例外中の例外の出来事。

そんな頑固者たちを、ころっと
納得させてしまうトンチを繰り出し、
2人を手玉にとる奉行に
拍手を送りたい気分になる。

人をだますと、詐欺。

でもその場に応じた解決策を
規則に縛られず画策できることは
トンチと呼ばれる。

トンチなら、だまされたいと
思う。

« »

サイト管理