ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

いまもどこかで

なくしものをよくします。

たいていは見つかるのですが
どうしても見つからず、
そのまま忘れてしまったものも
数知れず。

こないだ、同居人が
青い顔で帰ってきて、
スマホ落とした、と。

iphoneだったので、
パソコンでIDを入力して探す機能を
使ってみました。

すると、マップのなかで
マークがぴこんと光った。

やや、これは先刻の
すうぱあまーけっとではあるまいか!
いかにぞや!

と、気が動転して
なぜか昔っぽい言葉づかいに
なっている同居人を落ち着かせ、
取りにいくと、無事に見つかったとのこと。

当然だけど、
なくしたものって、
どこかには必ずあるんですよね。

机の上から転がった
ひとかけの消しゴムが、
どうしても見つからず、
忘れた頃に掃除をしていると
見つかったりします。

え、こんなところに、
ずっといたの?

という気分に。

むかし大切にもっていた、
きれいな形の石ころ。

いつ、どこで、どんなふうに
なくしたのかすら、
もはや覚えていないけど、

どこかのすみっこで、
今もじっとたたずんでいるんだろうな。

そう思うと
きもちの上でだけですが
なんとなく再会できたように、
ほんのりあたたかくなります。

 

« »

サイト管理