ことばのロボットいろはちゃん 更新2020/8/5

「未来」よりも「来月」がいい

「未来」というと、なんとなく恰好がつく。

未来の目標、未来の約束、未来の仕事などなど。

けれど、同じような意味でも、
「来月」といったらどうだろう。

来月の目標、来月の約束、来月の仕事。

突然、夢も希望もなくなったような
現実感がただよう。

でも、実際ぼくたちは
この現実感の中でずっと暮らしているわけで
本当に大切なのは、
未来よりも来月の方だと思う。

未来を変えるにも、
まずは来月から変えていかないと
はじまらないという気がするし。

「未来」は遠くにいるアイドルのようだが、
「来月」は隣のおじちゃんという感じ。

アーサー・ビナードという詩人がいて
詩のみならず日本語への翻訳もされている。
なかでも「ガラガラヘビの味」(岩波少年文庫)
というアメリカの詩を集めた訳書が
とても好きで気になっていた方でした。

(その本を一緒に翻訳された木坂涼さんは
彼の奥さんなのだそうです!)

動物の写真資料を探しているときに
ずっとずっとかぞく」という海外の
写真絵本を見つけて、
写真もさりながら文章もいいなあと
おもって眺めていたら
翻訳がアーサー・ビナードさん。

著者であり写真家の
ジョエル・サートレイさんのあとがきの
文章の中を
アーサーさんはこう翻訳していた。

(世界の動物を撮影するなかで、
美しい動物たちが絶滅の危機に瀕している
ということに気が付く)
「へたをすれば明日あるいは来月、あるいは
来年あたり、森がきりたおされて
彼らが絶滅においこまれるかもしれない
と想像して、ゾッとする。」


こういうことを伝える時、
自分だったら、
「近い未来、森がきりたおされて…」
と言ってしまいそう、と思う。

明日あるいは来月、あるいは来年…と
長い言い回しを、わざわざする人は
なかなかいないんじゃないかな。

続いてジョエルさんは、
動物たちの美しいポートレートを
通してたくさんのニンゲンに
手わたしていく、そして、
写真を通してノアの箱舟(フォト・アーク)を
つくっていきたいと続ける。

「ぼくが動物のポートレートをいまもこつこつ
撮りつづけているのは、
見つめ合って好きになるキッカケを
いっぱいつくりたいからだ。
明日も来月も来年もずっとつづけるだろう。」

ここで出てくる「明日、来月、来年」ということは、
言葉としての重みが感じられる。
(特に来月、が!)

そして、もしここで「未来」という
言葉を使ったら、すこし軽薄な印象を
受けるかもしれないよな。
明日、も来年も、すこしちやほやされすぎた。
「来月」はそのあたり、こつこつと
現実感の中に浸ってきた言葉だけある。

思いを、今ここにいる自分の責任として
受けとめて腰を上げて行動する、
という具体さが
明日に引き継がれ、来月に引き継がれ
そういう覚悟が感じられる。

ことばは、解釈の次第で
意味を変えるし、
解釈が変わると、読んだ者の視点も変わる。

どう読むか、どう捉えたか、
このことに注目してみるとおもしろい。

次回は「ずっとずっとかぞく」の内容に
ついて書きます。たぶん。

 

« »

サイト管理